生産者
SANUKI PRODUCER

生産者の紹介

生産者情報

ひうらの里 飯田農園(飯田桃園)
住所
さぬき市造田宮西1474
電話番号
江戸時代の終わりには既に桃が植えられていたという香川県内で1番古い記録が残り、明治時代には桃の名産地として名を馳せたさぬき市造田地区にある農園。日当たりの良さを表す「ひうら」という屋号を持つ。古くから果樹栽培に適した土地として名高い造田地区で20種類以上の桃とすももを愛情込めて育てており、さぬき讃フルーツ認定農園にもなっている。自然豊かな土地で育まれた桃とすももを地域のお客様に直接届ける直売所を約20年ほど前から設け、地域に愛される農園を目指している。また、加工品の製造にも力を入れ、果樹の新たな魅力を引き出す商品の開発とPRのためイベント出店にも取り組む。
一果ごとに目と手を掛けて一級品を育てる
日当たりと水はけの良い環境作りが美味しい桃とすももづくりのキモ。高みを目指すべく、土づくりや風通しと採光の良い樹形への工夫、木のストレスを軽減する土壌の水分管理と1年を通して細やかに果樹と向き合い、年に1度の収穫に向けて真摯に取り組む。写真のように花を間引き、木に生る数を調整することで一果一果を大きく実らせ、味がのるよう大切に育てている。長い期間にわたって果実を届けられるよう桃もすももも多品種に取り組む。中でも、すももは県下最大の栽培面積を誇る。
地域に愛される桃農園へ
お客様の声を直接感じられる場所として、約20年前に県道沿いの園地に直売所を開設。直売所があることによって、より樹上完熟に近い食べごろの桃を収穫することができ、多くの人が甘い香りを漂わせる季節の便りを心待ちにして訪れる場所となっている。また、4代目園主・飯田将博さんが小学生の時に地元小学校の児童による桃の袋掛け&収穫体験がスタート。どのようにして桃が育つのかを子どもたちに体験してもらう食育の場として、桃づくりを通した地域貢献も行っている。

サービス形態

✔︎ ネット販売
https://www.ringbell.co.jp/ringbell/contents/kagawa/ (さぬきのべっぴんさん)
✔︎ 電話/FAX注文
FAX:0879-52-3086
✔︎ メール注文
imomo@m61.sanuki.ne.jp (問合せ後、注文書を返信いたします)
✔︎ 店頭販売
直売所
さぬき市造田宮西1329-6
☎0879-52-2336
営業期間:7月上旬~9月下旬 10:00~17:00(売切れ次第終了)

この生産者が作る生産物

【桃】甘い香りと瑞々しさに溢れた夏のフルーツ
【すもも】太陽をたっぷりと浴びて育った爽やかな酸味と濃厚な美味しさ