特集
TOPIC

愛をこめてつくったイチゴをたくさん食べてほしい

2021.03.26

県内全域で栽培されているイチゴ。県オリジナル品種である「さぬきひめ」を中心に、その魅力が広がっています。今回は、観音寺市内でイチゴを栽培している観音寺地区いちご部会部会長の冨永篤志さんのイチゴハウスにお邪魔し、その魅力を伺いました。

冨永さんが実践するイチゴ栽培のポイントは、病害虫の発生しにくい栽培環境を整えることや土(培土)に不足しがちな養分を補うために土壌改良資材を活用することです。また、これからイチゴの生育が旺盛になるにつれて、古い葉や余分なわき芽を取り除く作業が本格的になり慌ただしくなるそうですが、日々イチゴと向き合い、品質の良いイチゴづくりに励みたいと仰っていました。

 

気になる今年の生産量は、昨シーズンより多いと予想。今後、病害虫が発生しやすい時期になりますが、冨永さんをはじめ、観音寺地区いちご部会の皆さんは、病害虫の早期発見・早期防除を心がけ、高品質なイチゴを生産されていきます。

今後の目標は、部会の目標である「栽培面積の増加、収穫量の増加」とのこと。新しいイチゴ栽培者の方も含め、現在約45人の部会員で栽培されていますが、JAや県などと連携して、均質で安定したイチゴを供給できるよう、技術向上に取り組んでいきます、と意気込みを教えていただきました。

 

愛をこめてイチゴを栽培されている冨永さんのオススメの食べ方は、もちろん、そのまま食べることでした。完全に着色した鮮やかな赤色の時期に収穫されているイチゴ「さぬきひめ」の甘みを堪能してみてください。

県内全域で栽培されているイチゴ。県オリジナル品種である「さぬきひめ」を中心に、その魅力が広がっています。今回は、観音寺市内でイチゴを栽培している観音寺地区いちご部会部会長の冨永篤志さんのイチゴハウスにお邪魔し、その魅力を伺いました。


おすすめの記事
TOPIC

香川県では、丸亀市以東の沿岸部でノリの養殖が盛んに行われています。生産量は全国上位で、味付海苔などに加工されて周年販売されています。今回は、高松市の香西漁業協同……
今回は、晩秋~冬にかけておいしい「オリーブハマチ」を使った、オススメのレシピを紹介します。家庭でも簡単に作れますので、ぜひ試してみてください!……
香川県特産野菜の「さぬきな」と小松菜を交配し、平成18年に誕生した県オリジナル野菜「食べて菜」。小松菜よりも苦味が少なく、シャキシャキ感のある茎もおいしい野菜で……
香川県の主な水稲の品種は、おいでまい、コシヒカリ、ヒノヒカリ、あきさかりなどです。今回は、東かがわ市の水主(みずし)地区で特別栽培米「水主米」を栽培する間嶋亨(……