商品情報
SANUKI PRODUCT

生産物の紹介

【伊吹いりこ】漁獲から加工まで一貫生産!香川が誇る日本一の最高級いりこ

品目について

生産者
伊吹漁業協同組合
販売期間
通年
古くから“いりこの島”と呼ばれる伊吹島の沖合で漁獲されたカタクチイワシを島内で加工し、伊吹漁業協同組合が取り扱うイリコのみを指す“伊吹いりこ”。知名度アップとPRのために平成23年に地域団体商標に登録され、香川を代表するブランド食材の一つとなっている。伊吹島は漁場と加工場が非常に近く、獲れたイワシは海水と氷で満たした高速運搬船に移して直ちに帰港、海岸沿いに建つ加工場へフィッシュポンプで直送。網元と呼ばれる漁業者が漁獲後30分以内に加工まで一貫して行うことで鮮度を保ち、折れや腹切れと呼ばれる傷みが少なく、このスピード感が美味しさと品質を損なわない大きなポイントとなっている。
穏やかな燧灘を泳ぐイワシをプロの技で捕獲
漁は2艘の船で網を引く「パッチ漁」にて行われる。魚体同士や魚体と網が擦れて傷つくのを防ぐために絶妙な力加減で網を操作して捕獲。漁場のど真ん中に島が位置する恵まれた立地と鮮度を損なわない加工法を追求し続けたことで日本一と称されるいりこブランドを確立した。現在は15の網元が伊吹いりこの生産を行い、持続可能な漁業を目指している。サイズによって大羽(8cm以上)、中羽(6~8cm)、小羽(4~6cm)、かえり(3~4cm)、ちりめん(1~3cm)と種類(銘柄)が決まる。
漁獲から15~30分で加工するスピード感が鮮度のキモ
上質ないりこの生命線は、鮮度を保つべく漁獲から30分以内に加工の工程に入るスピード感。タイムロスがないことで、傷みやすいイワシの劣化を最小限に防ぎ、煮沸後10~20時間かけて乾燥させ、漁獲から1~3日後には専門商社に販売されて店頭に並ぶ。こうして生産された煮干しは濃厚で旨味が濃く、讃岐うどんのコシの強さにも負けないダシが取れることから、讃岐のうどん文化の立役者としても広く親しまれている。

サービス形態

✔︎ 電話/FAX注文
TEL:0875-29-2011
FAX:0875-29-2541
✔︎ メール注文
✔︎ 店頭販売
伊吹漁業協同組合
観音寺市伊吹町3-1
営業時間 9:00~17:00
定休日 土日祝
※道の駅ことひき、徳島・香川トモニ市場、香川・愛媛せとうち旬彩館でも購入可

生産者の紹介

生産者情報

伊吹漁業協同組合
住所
観音寺市伊吹町3-1
営業時間
9:00~17:00
電話番号
事業内容
香川県内の24の有人島のうち最西端に位置し、全国有数のいりこの産地として知られる伊吹島を拠点に活動。島民の大半が従事する主幹産業であるいりこ漁から成る煮干しの知名度の工場と消費拡大のために平成23年に“伊吹いりこ”としてブランド化。全国に向けて流通・販売とPRを行っている。伊吹島・真浦港のすぐそばに位置。
“伊吹いりこ”をPR!オリジナルグッズ
最高品質のイリコを世に送り出す伊吹島と“伊吹いりこ”をPRするべく、伊吹いりこのロゴ入りの伊吹漁業協同組合オリジナルTシャツとタオルを販売中。写真のブラックとネイビーのほか、赤やピンク、オレンジなどカラーバリエーションも豊富にご用意。伊吹島土産としても好評なので、島を訪れた際にはぜひチェックして。
イリコ×オリーブのハイブリッドいりこ
カタクチイワシを浸漬して煮る処理を行う際に、通常は塩水で行うところを小豆島産の乾燥オリーブ葉を加えて製造したのがオリーブイリコ。見た目は普通のいりこと変わらないものの、オリーブ効果で通常よりも魚臭さが少ないのが特長。また、苦み・渋みも少ないため、ダシ取りの際に内臓や頭部を取り除く必要がなく料理の時間を短縮できる。さらに、いりこの内臓に含まれる脂質酸化が抑制されるため、色調の変化(脂焼け)の速度も緩やかで見た目が美しい。生産数が少なくほとんど出回っていないので、伊吹漁業協同組合にお問合せを。

サービス形態

✔︎ 電話/FAX注文
TEL:0875-29-2011
FAX:0875-29-2541
✔︎ メール注文
✔︎ 店頭販売
伊吹漁業協同組合
観音寺市伊吹町3-1
営業時間 9:00~17:00
定休日 土日祝
※道の駅ことひき、徳島・香川トモニ市場、香川・愛媛せとうち旬彩館でも購入可