お取り寄せできる農畜水産物
SANUKI PRODUCT

商品情報の紹介

【レモン】温暖な瀬戸内の気候が育む越冬完熟レモン

商品情報

生産者
まるく農園 組橋
販売期間
1月~5月頃
香川県で1番広い、レモン栽培の園地を持っているまるく農園。寒さに弱く、年内に収穫されることが多いレモンも温暖な香川県では1月~5月頃まで収穫。樹上でギリギリまで熟れさせる、完熟越冬レモンは皮が柔らかく、えぐみも少ないので料理にも使いやすい。爽やかな香りと酸味で、食卓をさらに華やかなものにしてくれるはず。
健康効果も期待出来て美味しいレモンビネガー
健康にも良いフルーツ酢は、レモンを使って仕込むことも可能。レモンに含まれるクエン酸は疲労回復や脂肪の吸収を抑えることに役立つと言われており、胃酸の分泌を促して便秘解消に良いと言われるお酢との相乗効果が期待できる。砂糖ではなく、はちみつを使ったはちみつレモンビネガーはまろやかな美味しさで子どもから大人まで飲みやすくておすすめ。
食べたらヤミツキ!ビタミンたっぷりのレモン鍋
美容や健康にいいと分かっていても、日常的にフレッシュなレモンを料理に取り入れるのはなかなか難しいもの。レモンの栄養を丸ごと取れて、爽やかな香りで食欲増進!塩ちゃんこ鍋など、あっさりとしたスープに合わせるのがおすすめ。ビタミンCは水溶性なので、シメの雑炊や麵などを活用して、スープまで美味しく楽しんで。

商品サービス形態

✔︎ ネット販売
✔︎ SNS
✔︎ 電話/FAX注文
-
✔︎ 店頭販売
香川県内のゆめタウン、生協で購入可能

生産者の紹介

生産者情報

まるく農園 組橋
住所
三豊市仁尾町仁尾甲690-2
電話番号
ホームページ
香川県内でも有数のみかんの産地として、130年以上の歴史を持つ三豊市の曽保(そほ)地区。瀬戸内海に面した日当たりの良い斜面には地域の生産者が手掛けるみかん畑が広がり、この地区で採れたみかんは「曽保みかん」として広く知られている。組橋聖司さん、愛子さん夫妻が3代目として活躍するまるく農園では、深い甘みとコクのある美味しさを目指し、温州みかんをはじめ、せとか、たまみ、はるか、はっさく、レモン、キウイなど、柑橘を中心とした果樹栽培を手掛けている。
SNSで柑橘やキウイの楽しみ方を発信!
Instagramでは妻の愛子さんが農園の日常を発信中!栽培や収穫の様子のみならず、旨味がギュッと詰まったみかんをそのまま食べる以外にも様々な美味しさを楽しんでほしいとの想いから、みかん農家ならではのアイデアでみかんやキウイを使ったサラダやゼリー、大福などのアレンジメニューも紹介。
三豊の魅力を伝えるプロジェクト「みとよのみ」
果樹栽培をはじめ、高瀬町のお茶や瀬戸内のいりこ、新鮮な野菜やお米といった、豊かな環境と人の想いが育んだ様々な美味しいもの、素敵なものがある三豊市。そんな三豊市の農家やモノづくりに携わる人たちが集まり、既にある“いいもの”を発掘し、新たに見つけた魅力を広げていくためのプロジェクト「みとよのみ」。組橋さんもその中心メンバーとして、地域の魅力づくりと発信に貢献している。

生産者サービス形態

✔︎ ネット販売
✔︎ 電話/FAX注文
-
✔︎ 店頭販売
香川県内のゆめタウン、生協で購入可能
✔︎ SNS