お取り寄せできる農畜水産物
SANUKI PRODUCT

商品情報の紹介

【キウイ】酸味と甘みのバランスが取れた極上キウイ

商品情報

生産者
まるく農園 組橋
販売期間
グリーンキウイ11月中旬~4月、ゴールドキウイ10月中旬~12月
酸味が少なくフルーティー!中心部の豊かな甘みとキウイらしいほど良い酸味のバランスがとれた美味しさが魅力。食べごろを見極めるのが難しいキウイも、職人が目と手をしっかりかけて、完熟の1歩手前の状態でお届け。約1週間ほどで食べごろになるので、好みに合わせたタイミングで召し上がれ。
ふかふかの土と太陽の光が育むこだわりキウイ
地力がダイレクトに出るというキウイづくりのポイントは土づくり。ふかふかとした、果樹にとって心地良い土をつくることによって、大きく枝葉が育ち、光合成を担う大きな葉が実に栄養を運んで糖度を上げてくれるのだそう。さらに、葉に光がよく当たるように樹形を考えながら育てている。
美味しさを知り尽くした農家謹製・完熟キウイのドライフルーツ
1番美味しい完熟の状態をそのままドライフルーツに!完熟キウイ果実を使って、2019年よりドライフルーツへの加工をスタート。砂糖も添加物も一切使用せず、キウイの美味しさを丸ごと味わうことができる。ナッツと一緒に蜂蜜漬けにしたり、ヨーグルトに添えて、またサラダのトッピングにもおすすめで楽しみ方は無限大。父母ヶ浜にある百歳書店でも購入可能。

商品サービス形態

✔︎ ネット販売
✔︎ SNS
✔︎ 電話/FAX注文
-
✔︎ 店頭販売
香川県内のゆめタウン、生協で購入可能

生産者の紹介

生産者情報

まるく農園 組橋
住所
三豊市仁尾町仁尾甲690-2
電話番号
ホームページ
香川県内でも有数のみかんの産地として、130年以上の歴史を持つ三豊市の曽保(そほ)地区。瀬戸内海に面した日当たりの良い斜面には地域の生産者が手掛けるみかん畑が広がり、この地区で採れたみかんは「曽保みかん」として広く知られている。組橋聖司さん、愛子さん夫妻が3代目として活躍するまるく農園では、深い甘みとコクのある美味しさを目指し、温州みかんをはじめ、せとか、たまみ、はるか、はっさく、レモン、キウイなど、柑橘を中心とした果樹栽培を手掛けている。
SNSで柑橘やキウイの楽しみ方を発信!
Instagramでは妻の愛子さんが農園の日常を発信中!栽培や収穫の様子のみならず、旨味がギュッと詰まったみかんをそのまま食べる以外にも様々な美味しさを楽しんでほしいとの想いから、みかん農家ならではのアイデアでみかんやキウイを使ったサラダやゼリー、大福などのアレンジメニューも紹介。
三豊の魅力を伝えるプロジェクト「みとよのみ」
果樹栽培をはじめ、高瀬町のお茶や瀬戸内のいりこ、新鮮な野菜やお米といった、豊かな環境と人の想いが育んだ様々な美味しいもの、素敵なものがある三豊市。そんな三豊市の農家やモノづくりに携わる人たちが集まり、既にある“いいもの”を発掘し、新たに見つけた魅力を広げていくためのプロジェクト「みとよのみ」。組橋さんもその中心メンバーとして、地域の魅力づくりと発信に貢献している。

生産者サービス形態

✔︎ ネット販売
✔︎ 電話/FAX注文
-
✔︎ 店頭販売
香川県内のゆめタウン、生協で購入可能
✔︎ SNS